姫野カオルコ著「彼女は頭が悪いから」について

 心に痛みをもたらす小説です。
 自分の持つ「差別意識」が明るみに引き出される、という意味で。

 姫野カオルコさんの小説で、最初に読んだのは『受難』でした。女性の美醜や自意識が主題で、心に刺さったことを覚えています。

 著者は、多くの人が見過ごしている日常生活の中の「違和感」や「不条理」について、鋭い分析を行う人だと思います。

 人は普通、忙しかったり、社会に合わせようと努力したりしているうちに、自分の感じる違和感、不条理を、深く考えずに流してしまいます。
 けれど、この姫野さんのように、鋭い感性を持つ作家だと、それを掬い上げて、読者に分かり易く提示してくれるのです。読者はそれを受けて、自分のことを省みることができるのです。

 この本は、2016年に起きたある事件(東大生のグループ五人が、集団で他大学の女子学生一人に暴行を加えた)を基にして、「なぜ、そのような事件が起きたか」を作者が分析・統合し、小説として結晶化させたものです。

 小説ですから、事件の具体的な事実はこの通りではないでしょうが、事件のエッセンスは見事に抽出されていると思います。

 それが「差別意識」や「階級」の問題だったのではないか、というのが作者の分析です。

 事件を起こした東大生たちは、自分たちをエリートと思い(事実、エリート階級なのでしょう)、何をしても許されると思う、幼稚な傲慢さを持っていた。
 他大学の学生たちは自分たちより「下」であり、自分たちの都合で利用して構わない存在だった。

 ところが、被害に遭った女子学生は、その傲慢なエリートの一人に恋をしていた。彼女にとっては、その男が「王子さま」だった。
 その王子さまに少しでも関わっていたいために、少数の東大生が作っていた、ろくでもないサークルに関わってしまった。

 自分を「平凡な存在」と思い、「あきらめ」を身につけて育った女の子と、自分は「エリート」と信じて疑わない男子東大生。
 彼の持つ、ある面では「無邪気」ともいえる差別意識が、読んでいるこちらに刺さってきます。

 この東大生たちだけが「問題」なのではない。

 自分もまた、差別意識を持っているではないか。

 気がつかないうち、人を差別して、傷つけてきたのではないか。

 社会を構成する以上、人はどうしても、人に優劣をつけてしまいます。
 「自分より上」を見て劣等感を感じ、「自分より下」を見て安心する。あるいはイライラする。

 そういう差別意識や階級意識をなくすことは、多分できないけれど、優れた小説を読めば、多少なりとも「気づき」が得られる。そういう意味で、ぜひ読んで頂きたい小説です。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント