『原発危機と「東大話法」』傍観者の論理・欺瞞の言語 安富歩著

 ご自分の性自認が女性に近いことに気づいてから、女性装で通しておられる安富氏の名著です。

 東日本大震災が起こるまで、原発は安全だと言い続けてきた「偉い先生」たち。彼らの欺瞞体質を、「東大話法」というキーワードで分析しています。
 これは東大の先生に限った現象ではなく、各分野で既得権益を持っている人たちが、その地位を守るため、しばしば採用する戦術であるようです。

 安富先生が、自戒を込めてまとめた規則一覧は、一部省略しますが、次の通りです。

規則1 自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。

規則2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。

規則3 都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事をする。

規則4 都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す。

規則5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す

規則6 自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する。

規則7 その場で自分が立派な人だと思われることを言う。

規則8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。

規則9 「誤解を恐れず言えば」と言って、嘘をつく。

規則10 スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる。

規則11 相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。

規則12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。

規則13 自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。

規則14 羊頭狗肉。

規則15 わけのわからない見せかけの自己批判にって、誠実さを演出する。

規則20 「もし○○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。

 皆さんにも、「あの人がそうだ」と思い当たる部分があるかもしれません。原発でも地球温暖化でも格差問題でも、専門家と言われる人の言うことを鵜呑みにせず、自分の頭で考えることが大事なのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント