令和2年度 葉山町下水道事業会計

 令和2年度の下水道事業予算は、第1回定例会において、賛成多数で可決されました。反対した議員は私のみです
 反対理由としては、

 ●一般会計からの繰り入れが多すぎる。都市計画税の範囲で行うべき。
 ●人口減少の時代に、インフラを拡大するのは望ましくない。

 ということですが、既に下山口まで工事が進んでいるものは、反対しても、実質的な意味はないという見方もあります。

 ただ私としては、公共下水道のインフラを維持するために、将来にわたって莫大な支出を続けることは、町にとって相当な無理だということを、誰かが訴えるべきだと思っています。
 インフラがいったん完成した後も、維持・補修のための出費が続くからです。
 また、接続率の向上も、ある程度で頭打ちになるのではないかと思います。

 本来は、個人宅の合併浄化槽を推進するべきでした

 以下に、予定貸借対照表(バランスシート)の数字を挙げておきます。

流動資産 2.4億円
固定資産 208.9億円
資産合計211.3億円

流動負債 5.9億円
固定負債 59.7億円
繰延収益 103.3億円
負債合計169.0億円
純資産 42.3億円


R1年度までの整備済み面積は約375ha、R2年度の整備予定面積は約9ha。

主な建設改良費は5.2億円。下水道整備推進、浄化センター耐震化工事など。

資本的収入は6.75億円、資本的支出は11.13億円。
差額の4.38億円は、当年度利益剰余金や損益勘定留保資金などで補填。

資金期首残高は1.05億円、年度中の資金増加額は△0.23億円、期末残高は0.82億円。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント