期末手当の引き上げ分を供託しました

 議会報告15号で報告する通り、過去4年間の期末手当の引き上げ分(税引き後の金額31万6328円)を、2019年1月23日、横須賀の法務局で供託してきました。供託金そのものは、日本銀行の代理を務める横浜銀行の横須賀中央支店で入金しました。  議員が自発的に行う供託については、色々な解釈があり(本来、議員報酬や手当は受け取る義務があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下山口の下水道説明会

 2019年1月17日、下山口会館で午後2時から、下水道事業計画の住民向け説明会がありました。私のメモを元にして、簡単に報告します。  下山口地域の、国道から山側(茅山荘付近まで)が工事区域になります。2019年から2022年にかけて、下流側から工事していく予定。  管渠の工事が終了した地域から、個々のお宅の接続工事(自己負担)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界の終わりの七日間」ベン・H・ウィンタース

 明日、人類が滅亡するとしたら、今日、あなたは何をしますか?  滅亡が半年後だったら、それまでどう過ごしますか?  行きたかった旅行に行く?  良識を捨てて、乱痴気騒ぎをする?  家族と共に、どこかへ避難する?  この小説は、そんな世界の終わりを、ある青年刑事の視点から描いた作品です。  「地上最後の刑事」、「カウントダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告15号です

 これから推敲して印刷に出しますので、内容は少し変わるかもしれません。 葉山町議会 第4回定例会  11月29日から12月13日まで開催。2018年度の補正予算、陳情等の審議を行いました。 私がした一般質問 1 ヨウ素剤の個人購入  放射能災害時に必要となるヨウ素剤について、事前配布が困難であり、なおかつ災害時の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ」

 ランダムハウス講談社、宋鴻平(Song Hongbing)著。葉山図書館蔵。  民主主義を維持するには、国民の大多数を占める庶民が賢くなければいけません。  おカネをかけた宣伝に惑わされず、物事の実体を見極めるようにしなければ……いつの間にか、いいように利用されてしまうでしょう。  現在の社会状況は、金融というものを理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒涛のインド映画!!

 近年、日本でもインド映画が盛り上がっています。  私が見た幾つかの作品、ストーリーはシンプルですが、それだけに力強く、明るくてまっすぐで、魅力的です。インドの平均年齢の若さから来るエネルギーを感じます。  「ムトゥ 踊るマハラジャ」はだいぶ以前のヒット作ですが、あれからインド映画は更に進化しています。  深刻な映画に飽き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『劣化するオッサン社会の処方箋』 山口周著

 光文社新書。とても納得がいく本なので、ご紹介します。  副題は、『なぜ一流は三流に牛耳られるのか』です。  ここで『オッサン』と呼ばれている対象は、中高年男性とは限っていません。女性でも若者でも、次のような体質の人を指しています。 1 古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する 2 過去の成功体験に執着し、既得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページの更新ができません

 BIGLOBEで「山田由美in葉山」というホームページを開設しているのですが、昨年、Windows10に更新されてからWebFTPを利用できず、ホームページにアクセスすることができなくなっています。  ですから、ホームページを手直しすることも、新しい記事を加えることもできないままです。  システムエラーのようなので、待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堤未果著『日本が売られる』ぜひご覧ください

 国際ジャーナリストの堤未果氏が、いまの日本の置かれている状況を、分かり易くまとめてくれました。  消費税増税、外国から労働力を取り込もうとしていること、カジノを中心に据えたリゾート……政府の言い分を鵜呑みにする前に、色々と疑った方がいいと思います。  少し前にアメリカやヨーロッパで行われた政策で、既に失敗だとわかっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告14号です

 この11月中に推敲を終え、印刷して新聞折り込みにしたいと思っています。以下の内容は、まだこれから手直しするかもしれません。 葉山町議会 第3回定例会 9月6日から10月11日まで開催。2017年度予算の決算や、2018年度の補正予算、陳情等の審議を行いました。 今回のトピックは、一般会計の補正予算の一部「旧役場前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議員研修会のご報告

 2018年11月7日、寒川町ホールで、恒例の町村議会議員研修会が行われました。  今年の講師は順天堂大学名誉教授の奥村康先生で、『「不良」長寿のすすめ』というタイトルでした。  先生のご専門は免疫学で、長生きするためにはどんなことが大事なのか、ユーモアたっぷりに語って下さいました。皆様のお役に立ちそうな部分を、幾つか挙げておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会研修会「議会基本条例の見直し」について

 2018年9月3日、毎年恒例の議会研修会が、葉山町役場三階で開かれました。  講師は法政大学副学長の廣瀬克哉先生です。先生には、葉山町議会が議会基本条例を制定する以前、11年前にも講演して頂いています。 ●議会基本条例を制定する動きは、北海道栗山町を皮切りに、全国800自治体に広まっている。1700自治体のうちの800なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちづくり条例の改正案です

 2018年の1月に総務常任委員会に提出した改正案です。 ① 大規模な土地売買の際には(たとえば1000㎡以上)、開発者に対し、契約成立前に町に「建設計画」を届け出る義務を負わせる。その内容を、複数の専門家から成る審査会に審査してもらい、行政側、住民側との仲立ちをしてもらう。 理由 土地を買ってしまった後では、開発者側も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「議会報告13号」を一部訂正します

 8月最初の土日に新聞折り込み予定の議会報告13号ですが、ミスがありましたので、お詫びして訂正させていただきます。 「下山口マンション問題とは」の文中で……  訂正前:車を使う場合、国道からの出入り口が一箇所しかない。  訂正後:車を使う場合、メイン駐車場には国道からの出入り口が一箇所しかない。  4月の設計変更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世代の痛み』 上野千鶴子、雨宮処凛の共著です

 中公新書ラクレ、逗子図書館蔵。  副題は「団塊ジュニアから団塊への質問状」。  私の尊敬するお二人の対談で、団塊ジュニアの深刻な貧困化についての解説になっています。抜粋してご紹介しますが、ぜひ本書をご覧下さいませ。色々な問題について、頭の中が整理されます。  上野千鶴子…団塊世代の学者。日本における女性学・ジェンダー研究のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告13号です

 これから見直して印刷に出すので、8月前半には新聞折り込みできると思います。細部の修正はするかもしれませんが、およそ次の内容です。  第2回定例会  6月5日から19日まで開催。補正予算や、請願・陳情等の審議を行いました。  六価クロム汚染に関する請願   請願30-2号「開発行為における地盤改良剤等の使用による漁場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」 今野晴貴著

 文藝春秋の新書です。逗子図書館蔵。  皆さんももう、「ブラック企業」という呼び名はご存じだと思います。この本では、それがどのようなものか、日本の社会にとってどんな意味を持つのか、分かり易く説明しています。  前書きを見ていただくだけでも、およそは掴めると思います。  「違法な労働条件で若者を働かせ、人格が崩壊するまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウ素剤の事前配布とは?

 各地で地震が起きているのに、原発の再稼働が進んでいますね。  放射能汚染は何も解決していないのに、避難した方への補助を打ち切る? 国外から、たくさんのお客を呼ぶ?   「それでいいのか、日本?」と思ってしまいます。  わたしはもう、日本は原発を廃絶するべきだと思っていますが、皆様はいかがでしょうか?  葉山町では、行政が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

委員会視察のご報告

 2018年6月26日から28日にかけて、葉山町議会の総務建設常任委員会で、山口県周南市、下関市、福岡県太宰府宰府市の視察に行ってきました。 ●周南市では……公共施設再配置の取り組みについて。  平成15年に市町村合併により誕生した周南市では、少子高齢化に対応するため、老朽化した公共施設の再配置計画を進めています。合併時から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること」

 講談社+α新書、鈴木貴博著。  AIとロボットが進化することで、多くの人間が失業する未来が来ると予測されています。自動運転の車も、思ったより早く実現しそうですね。高齢化社会にとっては、恩恵が大きい気がしますが、ドライバーの大量失業ということになるかもしれません。  これから先、失業したり、収入が減ったりする人が大幅に増えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more