テーマ:映画

映画『パラサイト 半地下の家族』苦い傑作です

韓国映画の傑作です。非常に苦くて辛い映画なのですが。 「新感染 ファイナル・エクスプレス」もゾンビ映画の秀作でしたし「グエムル 漢江の怪物」も怪獣映画として良い出来だったと思いますが(どちらも家族の絆を中心に描いています)、これもまた忘れられない映画になりそうです。 高台の豪邸に住む金持ちの家族と、下町の半地下のアパート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シティハンター「史上最香のミッション」楽しい映画です♡

 日本で大ヒットした漫画・アニメですが、フランスでも、こうやって愛されていたのですね。嬉しい驚きでした。  見に行く前は、あの原作をどのようにアレンジしたのか、多少心配だったのですが、大丈夫でした。  フランスらしい、お洒落なアクション・コメディになっていて、楽しめました。  さすが、恋愛大国。  下ネタのギャグが多かったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド版「ゴジラ」と放射能

 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を見ました。日本の怪獣映画に対する、製作者の愛情と敬意が伝わってきます。  これからご覧になる方は、以下の文は、その後に読まれた方がいいかもしれません。 ●特にモスラの登場場面が美しく、ザ・ピーナッツの歌った、懐かしいモスラのテーマが甦りました。子供時代、あの歌には魅了されたもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「空母いぶき」で考えさせられました

 かわぐちかいじ原作のヒット漫画を映画化。もう、ご覧になりましたか?  原作では、離島を占拠したのは中国でしたが、映画では遠慮したのか、他の考えがあったのか、仮想の国家となっています。  映画として、よく出来ていたと思います。敵艦や敵の戦闘機からミサイルが発射され、短い時間に対処を決めなければならない緊迫感、リアルで怖かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マルリナの明日」は痛快です

 インドネシア発の、フェミニズム映画です。マカロニ・ウェスタンならぬ、ナシゴレン・ウェスタンと呼ばれています。  舞台は、インドネシアの島。熱帯雨林ではなく、乾いた草原や荒野の多い島なので、ほとんど西部劇のイメージです。  ヒロインのマルリナは、夫を亡くした後、荒野の一軒家で豚や羊を飼って暮らしています。そこに、夫の昔の仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「翔んで埼玉」、好きです

 原作は「パタリロ!」シリーズの魔夜峰央。話題の「埼玉ディス映画」です。  楽しく笑いました。  笑いのツボを心得た作品です。笑いを必要とする方、ぜひご覧ください。  数学者の藤原正彦先生も、教養が大切だと著書「国家と教養」で書かれています。  日本人に必要なのは、西洋の古典崇拝よりも、大衆文化教養だと。(もちろん、普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」

 今年のアカデミー賞受賞作です。  メキシコ生まれのギレルモ・デル・トロ監督は、これまで「パンズ・ラビリンス」というダークな味わいのファンタジーや、巨大ロボットが活躍する痛快な「パシフィック・リム」などを送り出しています。  今作は、ロマンティックな大人のファンタジーと言えばいいでしょうか。  アメリカとソ連が張り合ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マジンガーZ INFINITY」を見て

 優れた作品は、時代の空気を反映しているから、ヒットするのでしょう。  私は子供時代、マジンガーZやウルトラセブンが大好きでしたし、今でも主題歌を聞くと高揚します。  今回の映画も楽しく見ましたが(量子力学や多世界解釈、多重宇宙論も、ずいぶんポピュラーになりましたね)、それでもなおかつ、 (あの時代は、もう戻ってこないのだ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「女神の見えざる手」

 最近、戦う女性を主人公にした映画が増えています。  現実の世界で、仕事に打ち込む女性、やりたいことに取り組む女性が増えてきたからですね。「戦う」ことと「女性であること」が矛盾しなくなったのでしょう。  そういう意味で、「セーラームーン」は世界の女の子の共感を得られたのだと思います。少女向けのアニメとはいえ、その影響力は世界規模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ワンダーウーマン」を見て

 映画としては、いい映画でした。  ギリシア神話が、うまく現代社会につながっています。  これまでのアベンジャーズ・シリーズには、いささか辟易していたのですが、この作品は独立した映画として、気持ちよく楽しめると思います。  ただ、一つ。  ヒロインのダイアナを演じたガル・ガドットは、ミス・イスラエルで、兵役経験者だそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

 1970年代から放映されていた日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」は、ヨーロッパでも人気だったようです。私個人は、このアニメはほとんど見ていませんが。  この映画は、マジンガーZやグレンダイザーなどのロボットアニメを見て育ったイタリア人監督から生まれた、良質のオマージュ作品です。  海を越えて、日本文化がこんなに浸透していたということに、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『LOGAN/ローガン』を見て

 SFやアクション好きの方にはお馴染みの『X-MEN』シリーズ。  そのヒーローの一人、ウルヴァリンの物語です。  不老不死のミュータントで、手から金属のかぎ爪を伸ばして戦う姿、どこかでご覧になっているのではありませんか。俳優ヒュー・ジャックマンの当たり役です。  ウルヴァリンというのは、彼のヒーローとしての名前であって、個人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見て

 原作は士郎正宗氏のヒット作「攻殻機動隊」ですが、ハリウッドで実写化されました。  私は以前アニメの映画版を見てしびれたクチなので(音楽が印象的でしたね。一度聴いたら忘れられない、あのテーマ曲……)、ハリウッド版がどのようになったのか気になって、見てきたのですが……  作品としては完成度が高く、原作の味わいをうまく表現していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サバイバルファミリー」について

 横須賀で見てきました。  東日本大震災から六年。あの時の恐怖や不安を、日常に紛れてかなり忘れていましたが、この映画を見て思い出しました。  もう一回、非常時の備えを確認しなくては。  皆様にも、ぜひ見ていただきたい作品です。  突然、謎の大停電に襲われた東京。  何日経っても停電の原因はわからず、電車も車も動かず、都市機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「この世界の片隅に」

 漫画家の、こうの史代さん原作の映画です。素晴らしい作品なので、ぜひご覧下さい。子供さんよりも、大人の方にお薦めします。  太平洋戦争の間から戦後にかけて、ごく普通の女性が望まれて嫁ぎ、けんめいに働き、笑い、涙し、つつましく、ごく平凡に暮らしていく姿が描かれています。  ごく普通の女性の、ごく普通の暮らし。  それが、戦争…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画『シン・ゴジラ』について

 この夏公開された日本映画『シン・ゴジラ』ですが、お時間のある方は、ぜひ劇場の大画面でご覧下さい。ゴジラ映画として傑作だと思います。  同じ庵野監督の『新世紀エヴァンゲリオン』をご覧になった方は、『使徒の代わりにゴジラが来た』という印象を持たれるかもしれませんが。  想定外の事態が起きた時、政府はどう対応するのか。  自衛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ムーア監督の『世界侵略のススメ』について

 上大岡の映画館で、マイケル・ムーア監督の最新作を見てきました。非常に素晴らしい作品なので(たぶん監督の代表作になるでしょう)、多くの方に見ていただきたいと思い、ご紹介します。メモを取らずに記憶だけで書いていますので、国名など、間違いがあったらお許し下さい。  原題の意味は『次に侵略すべきはどこか?』ということらしいのですが、もち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ映画による心理操作?

 私は元々、SF映画や怪獣映画が大好きなのですが、ここ何年かのハリウッド映画を見ていて、思うことがあります。『アメリカが助けを求めている……特に日本に対して』と。映画製作にどの程度、政府や大企業の意向が反映されているのかは知りませんが、少なくとも、世相に添わない映画はヒットしないのですから。  たとえば、ずっと以前にヒットした映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『失われた国家の富 タックス・ヘイブンの経済学』について

 著者のガブリエル・ズックマンは1986年生まれの若い学者です。パリ経済学校のトマ・ピケティ氏の元で博士号を取得。そう、『21世紀の資本』がベストセラーになった、あのピケティ氏のお弟子にあたるのですね。  この本は、『ヨーロッパの金融危機の核心にあるのが、タックス・ヘイブンだ』という認識から始まっています。つまり、本当なら高額の税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『紳士は金髪がお好き』について

 ハリウッド製のミュージカルの中では、一番好きな作品です。主演はマリリン・モンローとジェーン・ラッセル。明るく楽しく華やかで、これぞ『映画の王道』という感じ。対照的な二人の女優と、その華麗な衣装を見ているだけで、たっぷり楽しめます。  マリリン・モンローの映画は他にも『ナイアガラ』や『七年目の浮気』、『バス停留所』、『荒馬と女』な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミスター・スポック』について

 2月28日の読売夕刊に載っていました。アメリカのSFドラマ『スター・トレック』で大人気だった、俳優のレナード・二モイ氏が亡くなったそうです。八十三歳の病死ですから、天寿と言ってもいいでしょう。  他の役柄も当然ありましたが(刑事コロンボにも、犯人役で登場する回があります)、やはり、私にとっては『ミスター・スポック』でした。楽しい夢を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『アメリカン・スナイパー』について

 今朝の読売新聞(2015.2.26)に、関連記事が載っていました。 クリント・イーストウッド氏の監督作品『アメリカン・スナイパー』のモデルになったクリス・カイル氏は、元海兵隊員に射殺されていたのですね。カイル氏は、精神的外傷に苦しむ元兵士たちの支援活動をしていたのに、その活動の中で殺されてしまったそうです。  私はまだ映画を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more