日本の年金について

 老後の生活資金にいくら必要、と新聞や雑誌などで特集されていますが、いちばんの基本となる年金制度について、考えてみたいと思います。中でも特に、国民年金について。

 みなさんは、年金制度が信用できないとか、自分が老後を迎える頃には制度が破綻しているのではないか、とご心配ですか?

 結論から申し上げると、「年金制度は破綻しない」と私は考えています。
 
 その理由は幾つかありますが、まず、年金が国家の中枢事業であること。国民に年金を払えない国家には、もう国家の資格がないというくらいの大事な事業です。
 年金制度が破綻する時は、日本という国家が消滅する時ではないでしょうか。
 もちろん、社会情勢に応じて、調整は必要ですが、まずは破綻しないように、専門家によって制度設計されています。制度は生き物なので、調整していくことは必須です。

 問題は、もらえる金額なのですが。

 生活がぎりぎりで、払いたくても掛け金を払えない方も増えています。国民年金は、昔は自営業の方が中心だったのですが、今はパート・アルバイト・無職の方が増え、何らかのてこ入れが必要になっています。

 その点では、税金負担分を増やす、低年金者に積み上げをするなど、国家の政策が必要ですが、国民の側の努力が必要な部分もあります。年金は、「長生きリスクに備える保険」だからです。

「年金未納率が高くて、もう持たない」という話もありますが、未納率の計算方法は何種類もあります。経済評論家も、適宜、計算法を使い分けています。以下の計算をご覧ください。2018年報告の厚生労働省の数字を基に試算したものです。

第1号被保険者は自営業、非正規、無職、学生等 1505万人
       (このうち免除・猶予者574万人 未納者157万人)
第2号は会社員や公務員等 4356万人
第3号は第2号の配偶者(サラリーマンの妻等) 870万人

計算法1 第1号のうち未納者/(1号+2号+3号)➡2.3%
   ☆働く年代の人の約98%は制度に加わっています。
    調整は必要だけれど、制度としての安定性は保たれているということです

計算法2 (第1号のうち免除者+未納者)/( 1号+2号+3号)➡10.9%
   ★高齢者の1割が低年金・無年金になる可能性があります。
    生活保護では対応しきれないので、国としての対策が必要です。

計算法3 (免除者+未納者)/第1号➡48.6%……完納者(過去2年分を全額払っている人)は37.2%のみ。
   ★保険料を払えない人、年金制度を信用していない人が多いということです。
    年金破綻説は、このような計算を基にしています。

 なお、最近、新たな納付率の計算法ができました。「月毎の3年経過納付率」というものです。
 その時に納付できなくても、後から遡って納付する人がいるため、3年くらい待たないと、安定した数字にならないため、ということです。1年経過、2年経過と、時間が経つほど、納付率はじわじわ上がっていきます。
 たとえば、「H28年度分の7月の3年経過納付率」は74.2%と公表されています。

 色々考え合わせると、やはり民間よりも、公的な制度が有利です。掛け金は全額、所得控除が受けられますし、思わぬ怪我や病気をした時は、障害年金を受ける権利が発生します。
 民間の年金や保険などにお金を払う前に、まず公的な保険にきっちり加入して下さい。民間の銀行や証券会社に運用を頼むと、結構な手数料を取られます。

では、もらえる金額を増やすには。国民年金だけの方は、どうぞ下記をご覧ください。

●基礎年金は満額でも月65000円(年間約78万円)ほど。それでは暮らすのに足りません。

●金額を増やすのに簡単なのは、月400円の付加保険料を納めること。これは2年続ければ元が取れます。最大で200円×40年間=96000円(年間)の上乗せが可能です。400円を払うことによって、200円の上乗せの権利が得られますよ、ということです。

●余裕があれば国民年金基金か個人型確定拠出年金(iDeCo)に加わる。運用がよくわからない方は、国民年金基金がいいのではないでしょうか。素人が運用で稼ぐというのは、かなり難易度が高いと思います。

●年金とは長生きリスクに対する保険なので、可能な限り繰り下げ受給が望ましいと思います。長生きをすればするほど、繰り下げの効果が出てきます。

●政府は現在、掛け金を払い込む期間を延長しようとしています。なるだけ長く掛け金を払って、もらえる年金を増やすことです。

●それでも年金が足りず、苦しい時は、どうぞ生活保護を申請して下さい。それは、国民の当然の権利です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント