シティハンター「史上最香のミッション」楽しい映画です♡

 日本で大ヒットした漫画・アニメですが、フランスでも、こうやって愛されていたのですね。嬉しい驚きでした。

 見に行く前は、あの原作をどのようにアレンジしたのか、多少心配だったのですが、大丈夫でした。
 フランスらしい、お洒落なアクション・コメディになっていて、楽しめました。
 さすが、恋愛大国。
 下ネタのギャグが多かったのですが、それも上手に処理していたと思います。

 原作への愛とリスペクトが感じられ、配役も原作の雰囲気に合っていて、違和感なく楽しめました。
 ラストに流れた「GET WILD」の曲も懐かしい。
 やはり日本産の「ルパン三世」と同じく、無国籍で楽しめる作品なのだなと思います。こういう感じで、続編を作ってくれないものでしょうか。

 以下はネタバレになってしまうので、まだ見ていない方は、飛ばして下さい。

 惚れ薬になってしまう香水のせいで、女好きの主人公、リョウがこんなことに……!!

 まさに「この手があったか」という発想です。
 薬のせいと知りつつ、自分の熱い想いに悩むリョウの姿、笑える、笑える。

 これは決して、男性同士で本気の恋愛をしている方を揶揄するつもりではなく(「蜘蛛女のキス」には泣きました)、生来の「女好き」が無理に捻じ曲げられたことが、笑いをもたらしているのだと思います。

 ヒロイン香の兄が殺された件とうまく結びつけ、ラストのお約束のギャグまで、見事な展開。あちこちで笑えました。やっぱり、ハンマーが出てこないとね。
 香が切ない思いに悩む部分も、いい感じで効いていました。

 日本の感性が外国でも理解してもらえるなんて、感動です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント