テーマ:政治経済

「人口で語る世界史」ポール・モーランド著

逗子図書館収蔵。十八世紀からの世界の歴史を、人口という切り口で分かり易く解説しています。以下にざっと引用しますので、ぜひ本書をご覧下さい。 ●十八世紀の世界人口は十億人未満だったが、いまや七十億人超に ●この二百年を人口で忌憚なく読み解く ●人口とは軍事力であり経済力である ●ひとつめの要因は、乳児死亡率 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告21号です

 新型コロナの世界的感染拡大により、日常が大きく変わりました。経済活動が抑制され、税収の落ち込みが予測される中、町の事業も見直しが必要となります。  町は小規模事業者やひとり親家庭への給付金支給、町外へ通学する方への交通費補助などを実施しますが、これからの財政負担も考え、無駄な事業はカットしていかなければなりません。  学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告20号です

世界は、コロナショックで大きく揺さぶられています。皆様も、不安な日々を過ごされていることと思います。 どうか、ストレスをためないよう、散歩や庭仕事など、楽しいことをなさって下さいませ。読書や手芸もあります。自分の半生記を書くのも、楽しいと思います。 生活に困る場合は、国民の権利として“生活保護”があります。最後のセーフティネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和書房「上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!」上野千鶴子、田房永子 共著

 私の敬愛する上野千鶴子先生と、漫画家でライターの田房永子さんの対談です。  性差別や社会構造の変遷について、分かり易くまとめられていますので、 「何か変だぞ」 「なんで、こんなに苦しいの」 「うちの母って、毒母なんだけど」 「入試差別、ひどくない?」  と思った時、入門書としてお勧めです。  ここ数年、世界全体で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『原発危機と「東大話法」』傍観者の論理・欺瞞の言語 安富歩著

 ご自分の性自認が女性に近いことに気づいてから、女性装で通しておられる安富氏の名著です。  東日本大震災が起こるまで、原発は安全だと言い続けてきた「偉い先生」たち。彼らの欺瞞体質を、「東大話法」というキーワードで分析しています。  これは東大の先生に限った現象ではなく、各分野で既得権益を持っている人たちが、その地位を守るため、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『怠ける権利!!』過労死寸前の日本社会を救う10章 について

著者は大妻女子大学教授の小谷敏(さとし)氏、過労死大国の日本人に、ぜひ読んでいただきたいと思います。  この本の終章にありますが、漫画家の水木しげる氏は、忙しい時でも10時間の睡眠時間を確保し、93歳まで長生きしたそうです。  対照的に、〝漫画の神様〟手塚治虫氏は睡眠時間を削って働き、60歳の若さで亡くなりました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告19号です

第4回定例会    2019年11月28日~12月12日で開催され、補正予算や条例の改正などが審議されました。 期末手当の引き上げ   議会議案1-12号で議員の期末手当の引き上げ(年間4.45月分➡4.5月分)が審議され、賛成多数で可決されました。  反対者は私と伊藤航平議員のみ。  人事院勧告による「公務員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告18号です

 これから推敲し、印刷に出しますので、新聞折り込みは11月半ばになると思います。 議会第3回定例会   2019年9月5日~10月9日で開催され、2018年度の決算は全て認定されました。 10月からは消費税が10%に引き上げられ、それに伴う「幼児教育・保育の無償化」が実施されましたが、完全な無償化ではありません。所得制…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の年金について

 老後の生活資金にいくら必要、と新聞や雑誌などで特集されていますが、いちばんの基本となる年金制度について、考えてみたいと思います。中でも特に、国民年金について。  みなさんは、年金制度が信用できないとか、自分が老後を迎える頃には制度が破綻しているのではないか、とご心配ですか?  結論から申し上げると、「年金制度は破綻しない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告17号です

葉山町議会 第2回定例会   4月21日の議員選挙を経て、6月12日~26日で開催。2019年度の補正予算や陳情等の審議を行いました。主な争点となったのは、補正予算中にある「10月予定の消費税増税に伴うプレミアム付き商品券発行」と「学校給食センター用地取得」の2点です。  共産党議員は「上記2点を除く減額修正案」を提出、私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「臨界前核実験に抗議する決議」に反対しました

 2019年6月26日の葉山町議会本会議で、共産党から出た議案「米国の臨界前核実験に抗議する決議」に対し、議員中、私だけが反対しました。この議案はアメリカに対し、あらゆる核実験を恒久的に行わないように求めるものです。  その反対討論を、ここに載せます。  4番、山田由美です。この決議に反対の立場から、討論させていただきます。主な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「空母いぶき」で考えさせられました

 かわぐちかいじ原作のヒット漫画を映画化。もう、ご覧になりましたか?  原作では、離島を占拠したのは中国でしたが、映画では遠慮したのか、他の考えがあったのか、仮想の国家となっています。  映画として、よく出来ていたと思います。敵艦や敵の戦闘機からミサイルが発射され、短い時間に対処を決めなければならない緊迫感、リアルで怖かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会に参加しました

 2019年5月24日、横浜の神奈川県自治会館で、恒例の「町村議会議長会主催の委員長・副委員長・事務局長研修会」に参加してきました。  今年の講師は駒澤大学法学部、政治学科の大山礼子先生で、「人口減少社会において町村議会が果たすべき役割とは?」という表題でした。以下に、内容をざっとまとめます。 ●人口減少や高齢化など、日本が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年間有難うございました

 4年前の葉山町議会選挙で、初めて当選させて頂きました。慣れないことが多く、あちこちぶつかり、失敗しながらでしたが、何とか任期を務めさせて頂きました。  見守って下さった方、応援して下さった方にお礼申し上げます。  批判して下さった方も、有難うございます。おかげで、足りない部分、弱い部分が少しはわかったと思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みなし不採択」とは

 私も今回の議会まで、そういう仕組みがあることを知りませんでした。  何かのテーマについて陳情が出てきた場合、そのテーマについての議案が、本会議で既に可決されてしまった場合、もはやその陳情を審議する意味がなくなるので、「みなし不採択」として、議論せずに扱いを終了するということです。  葉山町議会では、町民の方から上がってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告16号です

 これから原稿の校正をして、4月前半に新聞折り込みする予定です。 葉山町議会 第1回定例会 2月12日から3月15日まで開催。2019年度の予算や、陳情等の審議を行いました。 70歳以上を対象とする、京急バスの「ふれあいパス」購入費助成は520万円の計上です。半年パスが1万8000円で買えますので、身分証と写真持参の上、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国家と教養」 藤原正彦著 について

 世の中は複雑です。表面的なニュースだけ追っていても、なかなか物事の深層まではわかりません。  この本の著者、数学者である藤原正彦先生は、教養こそが「大局観」を磨いてくれるとおっしゃっています。とても貴重なご指摘だと思いますので、内容を、ざっとご紹介します。 第一章 教養はなぜ必要なのか……「グローバル・スタンダード」の背後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会本会議での討論を撤回しました

 2019年2月12日の、葉山町議会第一回定例会の初日、議会議案31-1号「葉山町議会基本条例等の一部を改正する条例」について、私は後述のような賛成討論を行いました。(この条例は12日のうち、全員一致により可決・成立済み)  しかし、その内容については他議員から「議会を侮辱している」という趣旨で、更に、手続きに関しては「全員一致を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「超」入門 空気の研究 鈴木博毅(ひろき)著

 ダイヤモンド社、逗子図書館蔵。  日本人はなぜ、空気に流されて、とんでもない真似をしてしまうのか。  なぜ、日本の組織は息苦しいのか。  「同調圧力」や「忖度」、「ムラ社会」などに表れている日本の病理を、山本七平氏の著書『「空気」の研究』を元にして分析した本です。  かつて、アメリカを相手に「勝てないとわかっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星と波と風と」武本匡弘氏と中井八千代氏の講演会

 2019年1月27日、葉山町鐙摺の港湾管理ビルで開かれた会合の様子をご報告します。  葉山町が後援した催しで、私も多少、宣伝に協力させて頂きました。  日曜の夕方でしたが、六十人ほどの出席者があり、山梨町長の他、議員も数名参加しました。集まった方は、非常に真剣にお話に聞き入っていました。  武本匡弘氏は葉山在住のプロダイバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告15号を手直ししました

 一度ブログに上げた原稿ですが、テストプリントを見てもらった方からのアドバイスを受け、手直ししましたので、こちらを印刷に出そうと思います。 葉山町議会 第4回定例会 11月29日から12月13日まで開催。2018年度の補正予算、陳情等の審議を行いました。 私がした一般質問 1 ヨウ素剤の個人購入 放射能災害時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会報告15号です

 これから推敲して印刷に出しますので、内容は少し変わるかもしれません。 葉山町議会 第4回定例会  11月29日から12月13日まで開催。2018年度の補正予算、陳情等の審議を行いました。 私がした一般質問 1 ヨウ素剤の個人購入  放射能災害時に必要となるヨウ素剤について、事前配布が困難であり、なおかつ災害時の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ」

 ランダムハウス講談社、宋鴻平(Song Hongbing)著。葉山図書館蔵。  民主主義を維持するには、国民の大多数を占める庶民が賢くなければいけません。  おカネをかけた宣伝に惑わされず、物事の実体を見極めるようにしなければ……いつの間にか、いいように利用されてしまうでしょう。  現在の社会状況は、金融というものを理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『劣化するオッサン社会の処方箋』 山口周著

 光文社新書。とても納得がいく本なので、ご紹介します。  副題は、『なぜ一流は三流に牛耳られるのか』です。  ここで『オッサン』と呼ばれている対象は、中高年男性とは限っていません。女性でも若者でも、次のような体質の人を指しています。 1 古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する 2 過去の成功体験に執着し、既得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堤未果著『日本が売られる』ぜひご覧ください

 国際ジャーナリストの堤未果氏が、いまの日本の置かれている状況を、分かり易くまとめてくれました。  消費税増税、外国から労働力を取り込もうとしていること、カジノを中心に据えたリゾート……政府の言い分を鵜呑みにする前に、色々と疑った方がいいと思います。  少し前にアメリカやヨーロッパで行われた政策で、既に失敗だとわかっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世代の痛み』 上野千鶴子、雨宮処凛の共著です

 中公新書ラクレ、逗子図書館蔵。  副題は「団塊ジュニアから団塊への質問状」。  私の尊敬するお二人の対談で、団塊ジュニアの深刻な貧困化についての解説になっています。抜粋してご紹介しますが、ぜひ本書をご覧下さいませ。色々な問題について、頭の中が整理されます。  上野千鶴子…団塊世代の学者。日本における女性学・ジェンダー研究のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」 今野晴貴著

 文藝春秋の新書です。逗子図書館蔵。  皆さんももう、「ブラック企業」という呼び名はご存じだと思います。この本では、それがどのようなものか、日本の社会にとってどんな意味を持つのか、分かり易く説明しています。  前書きを見ていただくだけでも、およそは掴めると思います。  「違法な労働条件で若者を働かせ、人格が崩壊するまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること」

 講談社+α新書、鈴木貴博著。  AIとロボットが進化することで、多くの人間が失業する未来が来ると予測されています。自動運転の車も、思ったより早く実現しそうですね。高齢化社会にとっては、恩恵が大きい気がしますが、ドライバーの大量失業ということになるかもしれません。  これから先、失業したり、収入が減ったりする人が大幅に増えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画「約束のネバーランド」

 いまヒット中の漫画です。集英社から出ています。  試しに1巻を読んでみたら、すっかりはまってしまい、一気に8巻まで進みました。  可愛い絵柄ですが、非常に緊迫感のあるお話です。登場する子供たちの姿が可愛いほど、残酷な運命が際立ちます。  読んでいく中で感じたのは、 「この世は地獄」  という感覚こそが、「今の時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逗子文化プラザで小出裕章氏とおしどりマコ&ケンさんの講演会

 2018年3月17日の土曜日、逗子市文化プラザで「原子力発電と放射能」の講演会があります。  貴重な機会ですので、ぜひお出かけ下さい。  午後2時開場、2時30分スタートです。  入場料は当日1300円、前売り1000円です。  主催者は「あしたのお話・湘南」さんです。 「東京電力福島第一原発事故から7年。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more