テーマ:フェミニズム

「持続可能な魂の利用」 松田青子著

 冒頭に引用された文章だけで、「この作者はわかってる!!」と確信しました。  日本のアニメ『少女革命ウテナ』からの引用です。 「あの人は消えてなんかいない あなたの世界からいなくなっただけ」  このアニメは、腐った王子さまに尽くして、心身共にボロボロになっていた姫宮アンシーが、ヒロインのウテナの献身によって解放され、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和書房「上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!」上野千鶴子、田房永子 共著

 私の敬愛する上野千鶴子先生と、漫画家でライターの田房永子さんの対談です。  性差別や社会構造の変遷について、分かり易くまとめられていますので、 「何か変だぞ」 「なんで、こんなに苦しいの」 「うちの母って、毒母なんだけど」 「入試差別、ひどくない?」  と思った時、入門書としてお勧めです。  ここ数年、世界全体で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女たちの王国』…「結婚のない母系社会」について

 逗子図書館収蔵、曹惠虹(チュウ・ワァイホン)著。  副題は…「結婚のない母系社会」中国秘境のモソ人と暮らす、です。以下、紹介文を抜粋します。 ●ヒマラヤ東端、中国雲南省と四川省の境にある美しい「ルグ湖」のほとりに、「モソ人」と呼ばれる純粋な「母系社会」を守り続ける人びとがいる。 ●国際ファンド系弁護士の職を辞した著者は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マルリナの明日」は痛快です

 インドネシア発の、フェミニズム映画です。マカロニ・ウェスタンならぬ、ナシゴレン・ウェスタンと呼ばれています。  舞台は、インドネシアの島。熱帯雨林ではなく、乾いた草原や荒野の多い島なので、ほとんど西部劇のイメージです。  ヒロインのマルリナは、夫を亡くした後、荒野の一軒家で豚や羊を飼って暮らしています。そこに、夫の昔の仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more